Masamune Ishihara
Masamune Ishihara

Masamune Ishihara

Profile

I started programming at the age of 10 and have been creating mobile apps and web services as a hobby for 10 years by using React Native, Flutter, Rails, and Next.js. I got hooked on kaggle and am now a competition and notebook expert. Studying machine learning has offered me a lot of options in developing tools, so now I want to make web services and mobile apps by using this interesting technology.
I moved to Seattle from Japan last September (2020). I really love black tea, but since coming to Seattle, I’ve come to love coffee as there are many nice cafe options.
 

Bio

Shoreline Community College student
Live in Seattle
 

Education

 

Experience

Apr. 2022 I received a silver medal for my entry in the “March Machine Learning Mania 2022 - Men’s” and become a kaggle competition expert.

I entered the March Machine Learning Mania 2022 - Men’s at Kaggle, and I received a silver medal for my efforts.
 
 

Apr. 2022 I become a kaggle notebook expert.

I got 5 bronze medals, so I become a kaggle notebook expert.
The below code is especially appealing. I join making a game bot competition and learn some reinforcement learning methods. Since none of the code other than the official code was published, we wrote and published the code to do q-learning.
 

Jan. 2022 I received a bronze medal for my entry in the “PetFinder.my - Pawpularity Contest”

I entered the PetFinder.my - Pawpularity Contest at Kaggle, and I received a bronze medal for my efforts.
The competition's purpose is to predict pets pictures’ popularity for rescue animals, which offers them a higher chance of finding loving homes.
I believed that pictures’ background is not important, so I used EfficientDet to detect animals. Then I used cropping pictures to train AI models.
 
I listed ideas in the discussion board below.
 
 

Dec. 2021 I completed the “How to Win a Data Science Competition: Learn from Top Kagglers” course

 
 

Oct. 2021 I developed a location analysis web service called “Tokyo Analyzer”

Opening a store in an urban city such as Tokyo has a very big risk because it is difficult to do business in a place where pedestrian access is poor. Thus, I developed location analysis AI which helps locate a good place to start a business; I hope it will help retail owners who want to open a new store and expand their business.
notion image
notion image
 
I trained AI for predicting the number of reviews on Google maps from around pedestrian distribution data.
notion image
 
I wrote an essay about this topic.
 
Presentation Slide
 
Product video
 
 

Nov. 2019 I worked on a team that developed a mobile app for Japanese learners called“Casual Japanese”

We received the Mobile CategoryBest Design Award at High School PC Concours 2019.
The team name was “devastatio”.
 
My team members and I developed a mobile app for learning Japanese.
 
 

Dec. 2014 I developed a flashcard web service called “Our Word Book”

I received an outstanding performance award at the 2014 International Ruby Programming Contest for Junior and Senior High School Students — In Mitaka.
I made a flashcard web service that user can make their own flashcard on web.
I used Sinatra to develop this site.
 
 

Dec. 2013 I developed a programmer assistance tool called “Programmer Secretary”

I received an outstanding performance award at the 2013 International Ruby Programming Contest for Junior and Senior High School Students — In Mitaka.
中高生国際Rubyプログラミングコンテスト
2013年12月7日、三鷹市の三鷹産業プラザにおいて「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2013 in Mitaka」の最終審査発表会が開催され、U-18部門、U-15部門の最優秀賞、優秀賞、奨励賞の各賞が決定しました。  最終審査に残ったのは、応募総数60件の中から、1次審査を突破したU-15の部5件、U-18の部4件の計9作品。各作品のプレゼンテーションの後、Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろさんを審査委員長とする8名の審査委員によって最終審査が行われました。その結果、下記のとおり各賞が決定し、受賞者には表彰状と副賞としてノートパソコンやタブレットPCなどが送られました。  このコンテストの主催は、プログラミング言語「Ruby」の普及活動を行っている8団体で組織する実行委員会の他、三鷹市及び三鷹市教育委員会の主催により実施され、今回が3回目の開催となりました。  2014年度には、第4回を開催予定です。 11:30~ 開場/受付開始 12:00 開会 応募者によるプレゼンテーション 特別講演 講演タイトル:ロボット開発と国際親善ロボコン 登壇者:山北昌毅氏(東京工業大学大学院理工学研究科機械制御システム専攻 准教授) 〈講演概要〉 ロボット開発の場でどのようにプログラムが使われているのか、種々のロボットを 紹介しながらお話します。また、ロボットシステム開発に必要となる創造性を育む 国際親善ロボコンについて、今年ブラジルで開催された内容を中心に紹介します。 〈プロフィール〉 1962年三重県生まれ。1989年東京工業大学制御工学専攻修了(工学博士)。1989年同制御工学科大学助手、1993年豊橋技術科学大学情報工学系講師、1995年より東京工業大学制御システム工学科助教授。2000年より同大学大学院機械制御システム専攻助教授(2007年より准教授)。ロボット工学、適応学習制御、非線形ロバスト制御などの研究に従事。IEEE, 計測自動制御学会、日本ロボット学会などの会員。 審査結果発表・表彰式 入賞者には、賞状と副賞が贈られます。 審査委員長 まつもと ゆきひろ氏(「Ruby」開発者、一般財団法人Rubyアソシエーション 代表理事理事長) 審査委員 野田 哲夫氏(国立大学法人島根大学Ruby・OSSプロジェクトセンター長 教授) 田中 和明氏(国立大学法人九州工業大学大学院 情報工学研究院 機械情報工学研究系准教授) 笹田 耕一氏(Heroku, Inc.) 正村 勉氏(株式会社日立ソリューションズ サービスビジネス事業部長) 高橋 征義氏(一般社団法人日本Rubyの会 代表理事) 米田 昌弘氏(バイザー株式会社 代表取締役) 森 正弥氏(楽天株式会社執行役員 / 楽天技術研究所所長) 講評・講演 講演タイトル: Rubyが拓く未来 登壇者: まつもとゆきひろ氏 〈プロフィール〉 1993年よりプログラミング言語Rubyを開発している。1997年よりネットワーク応用通信研究所所属。2007年より楽天技術研究所フェローおよびRubyアソシエーション理事長就任。2011年よりHerokuチーフアーキテクト就任。2012年よりグルーブノーツチーフアーキテクト就任。 17:00 閉会 懇親会 ※上記スケジュールは変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。
中高生国際Rubyプログラミングコンテスト
I created “Programmer Secretary”, which is a tool to help programmers by creating templates and so on.